2021年11月23日火曜日

必須道

里から現場のシロまで移動するには
国道・県道・市道・町道・村道・林道・私道・・・
が無ければ きのこ採りは成立しません
そして必須道「けもの道」
どれほど助けていただいている事か
収穫者直販の利点は鮮度
収穫後持ち帰り発送 最短翌日午前お届け
利点をより魅力にすることは 
収穫から発送の間の時短なので
同じシロ数を回るならシロとシロの最短距離を進む
その中で役に立つ獣ハンドメイドけもの道
はじめの画像だけでは判別できませんが
拾った棒を置いてある線部がそのけもの道
実際には はっきりとそれと分かる作りで
足跡から おおよそは鹿の作品に思いますが
理にかなったルート設計にはセンスを感じます

いろんな道にお世話になった2021年度の成果
信州南部と言え
その広域さから ひとくくりには申せません
私的と言う事で 記載しております

菌種により豊作不作がはっきりと表れたシーズンでした
松茸は
2019・2020年の底なのかと思えた不作の次年で
いかがなものかと 不安で予約開始は過去最遅く
様子見に様子見をしてからの9月14日からでした
自身8月末に収穫出来て そのころには 信州広域から
「採れた 採れる」とのお声も聞こえておりましたが
9月に入り
いきなりの見事な松茸が採れたり
おいおい
9月になったばかりなのに
開きが採れたり
過去 この時期 未経験の発生収穫状況に
不作3連チャンを覚悟したことを思い出します
その後 徐々にコロも
一定の量が採れ始め
この感じなら
お届けも可能と判断できた9月中頃
その後も順調に収穫は進み
シーズンラスト潮時には
らしい柄曲をいただきまして
入山止にあいなりました
今年の特徴として多かったのが双子松茸
同じ石つぎ部からツインに発生していた松茸
過去にない程に多く感じられました

終わってみれば松茸は
信州南部地方の出来は 全般には豊作の作柄で
8月末から10月末まで長期発生の年になりました

香茸・アミタケ・ショウゲンジは
山により大きな収穫差がありました
豊作場・不作場 悲喜こもごもに
さくらしめじ・ほんしめじ・しゃかしめじ
シメジ菌は不作に感じております
クロカワは良く発生してくれました
旨菌クリフウセンには 会えないままに

ホームページ内にも特記してございますが
香茸・獅子茸につきましては
近縁種として考えております
傘裏の相違は
色合い・針状の有無・針状の長さ


柄部中の形状も
漏斗状に石づきまでくぼんでいる柄
実入った柄等の相違もございます
幼菌成菌の異なりも見られますが
サイズの限りで無い菌もあります
同定の定義が幅広く
近縁種・一般流通から鑑みてとしか
説明いたしかねます
発生場所の区別は出来ますが
お届けするにあたり選別はいたしかねます
ムシ入りにつきましては
ムシ入りの確率は比較的高い菌種に思います
それ以上の返答はいたしかねますので
ご注文ご予約の際には
御了承の上 何卒よろしくお願い申し上げます


シーズンを終えて
地域・菌種による豊作不作が分れた感が強いです
また
菌種により近年激減菌の今後も不安に感じます
全てはシーズ 現場を見ての事になりますが
来シーズンも何卒宜しくお願い申し上げます


2021年10月19日火曜日

もとぶと

 

松茸100本と比べて

この一株を採る方が はるかに希少

地域性もある事なので

この限りではない事は承知です

私にとっての 希少菌になります

比較物が写って無いですが

大人の手のひら位のサイズで

200㌘近くだったと思います

発生時期は 他菌に比べ早発に思います

風味と言うより 食感のきのこで

きのこ鍋に使用します

呼び名は「もとぶと」モトブト 元太

昨今の世情なので調べれば正式名はわかりますが

このきのこは もとぶと

きのこを教えてくれた

親父が

そう呼んでいたのだから

もとぶと それでいいのだと

2021年10月14日木曜日

黄しめじ

 忙しいって言う事は 良い事だっ!

2019/2020年のこの時期は・・・

2021年

今シーズンは忙しかった 


このきのこ

今日は撮りました

もちろん採りません

過去 このきのこを買い物袋に何袋も採り

自慢げに持ち帰っていた頃を思い出したです

通販始める前で楽しいだけで採れてた頃ですね

黄シメジ
一度ゆでてから
煮物・すき焼きに入れたり
茹でたてを
生姜醤油・大根おろしで食べたですが
少し残っている苦味がなんともアテには良く
名菌です 現在は不食菌類になっております
あー無情

撮るけど採らない理由は
不食になったからでは無く
持ち帰れる量には限度があります
カゴが一杯になったら
撮れますが採れないので


仕舞いの時期なので
余裕もあり
久しぶりの更新ですが
画像は黄シメジに決めました
私にとって恩ある名菌 黄シメジ

2021年8月29日日曜日

ボンジョルノ 松茸

某日の勝負めし

縁起かついで金ちゃんヌードルで
(この商品名の由来は
てっきり スパースター横走りの欽ちゃん
そう思い込んで来ましたが
製粉 金鶴からだそうで
いずれにしましても
めでたい めでたい)

早松シロに着いて見れば
ボンジョルノ
お初の松茸様にお会い出来ました


上の画像は初日松茸 おおよそ100㌘
下画像は翌々日松茸 左の物が80㌘ありトータル200㌘
上の画像の松茸は
農産品直売所に持ち込みました
この店では 初物松茸一番入荷と言う事で
特等席 レジ横の一等地のお立ち台に置いてくださいました
結果
即完売
お客様 直売所ご一同様
誠にありがとうございました

下画像の松茸4本は おすそわけ 
一本は茶碗蒸しでいただきました

ここにきて
8月後半 各地で松茸収穫ありとの
一報が平年になく広範囲 同時に聞こえます
吉兆ととらえておりますし
吉兆であってほしいとの思い切実にございます
今後
秋本番
ご予約開始まで
今しばらくお待ち頂きますが
今シーズンも何卒宜しくお願い申し上げます


そして・・・
九月初旬も初旬
本番物が・・・
えっ !??
ひらき
本番のひらき同様の質でした

特上つぼみクラスまで 採らせていだき
私自身
この九月初旬も初旬
このクオリティークラスをお届け出来た事は初
お客様には おおよその収穫場所・収穫日時を記載して
既にお届け済みです

お届けは出来ない
実入り ムシ入りも採れていました
こちらは実入り
ハジケとも呼ばれますが
私は「芸術」と呼びます
その心は 爆発だ ! と言う事で
こちらの素晴らしい芸術は
さけるチーズ仕様で
さいて茶碗蒸しにたっぷり入れていただきました

※ 実入りは ハジケ部次第では 販売します

右つぼみはムシ入り
傘部に入ってます
ムシ入りは門外不出
食べられるところは感謝していただきました

この記載を更新しているのは 9月中旬です
本場南信州でも様々な予測が飛び交っております
豊作の吉兆
まさかの坂もある
平年作
わからん
石橋を叩いて渡るなら
わからん
妥当かと

ブログ更新は後手後手更新になりますが
お客様にはタイムラグ無く
ダイレクトに
御品とともにお伝えしております

2021年5月27日木曜日

香茸の収穫から発送まで

お届けしている香茸は

私が収穫出来た香茸になります

おおよその流れは

シーズン初の幼菌に会う所からスタートです

このあたりでは9月中頃と思いますが

(ここ南信州は香川県と同じくらいの広さなので

場所により発生時期に差がございます)

初を確認出来た時は うれしくて

正面上下左右多角確認しますから

見ているうちに消えるかもですね

何年通っても再会は テンションUPします
感動が引くに従いまして 浮かぶのは
この幼菌から現場一面に咲くと言う
過去の豊作風景(良い時だけ)を回想

咲いた咲いたの現場です
次は
収穫して山を下り
相棒四駆で運び出し
持ち帰り発送している所まで回想
この思いは現実に移行すハズなのですが・・・

2018年までの話で
2019
2020
まさかの坂 
どしたークラスの連続凶作
連ちゃん
静かな静かな里の秋・・・
哀愁のシーズンオフになりました


過ぎた事なのだからと
忘れるにいたしましても
ことわざ信仰の自分としては
「二度あることは三度ある」

三年連続が皆無とは言い切れん
お客様にトリプルでご迷惑をかけたらいかん
ご予約受付時期に関しましては 慎重になります
今年は お届け出来たらとの思いですが
2021 秋の部 菌界は いかなることでしょうか

好みの諺は
「棚からぼたもち」でございます


2021年4月15日木曜日

ボンジョルノ モルケッタ

アミガサタケ
今日の一本は 明日の二本 ?

ワールドに発生する菌
ところ変われば品変わる
所によれば人気の菌だそうで
おおよそに分けたなら
田畑土手きのこ属 公園きのこ
大都会も地方も無関係に発生
春告げ茸と言う美し愛称でも呼ばれています

Buon giomo  morchetta
こんにちは    アミガサタケ