2020年11月12日木曜日

松茸の収穫から発送まで

映り込んでいるのは 私の手です

このようにして収穫しています


収穫中に感触触感で虫入り確認します

傷・割れ・欠けは収穫後に直視確認しています

一本に会えたと言う事は・・・周りにもある ?


ラッキーな日は 倍々になる菌世界

成菌ひらきは風向きにもよりますが

香りを頼りに発見できる場合もあります


現場移動を繰り返して

その日の引き際を判断

山を下り持ち帰り

砂葉を払い整えてから


ご注文量をカゴ盛に納めます




※ 画像は 比較の為すべて150㌘盛り
    お届け迄の時間経過により
  目減りもありえますので
    松茸全商品 増量で納めてございます
   (画像は160-170グラムに納めてございます)

過去11シーズン
量不足のご意見は 一切いただいておりません
下回らないように心掛けて発送いたします


シーズン中は台風直撃時を除いて出勤ですので
雨降りの日も入山します
綺麗ばかりではない場合もございます
丁寧に扱いますが黒っぽくなります
砂葉の払い加減も色彩を左右しています
松茸の価格は 鮮度はもとより 映り重視傾向です
状況にもよるのですが こう言う時には 
より近くで直接に 買い手の方が吟味して承知の上で購入できる
農産品の直売所に出荷します
この日は 650㌘ほどの松茸をバランスも心して納めました

150グラム+αで 4セットに分けることが出来ました
不作の年でしたので 
直売所特設コーナーに
並べた瞬間 ?
並べようとしていたら お買い上げいただけました



直撃以外は
毎日 シロからシロ

移動中にはクロカワに会える場合もございます


採れたら焼きます

苦味迄が旨いのですから たまらんですょ

クロカワの炭火焼きは最高のアテです

ほど良く焼きあがりましら

八幡屋磯五郎七味唐辛子をひとふり

大根おろしに絡めてから

生醤油やポン酢醤油でいただきますが

はずれは無いです



そんなこんなで

シーズン中は採れたキノコを持ち帰り 

梱包が整い次第に発送手続きに進みます

これが

収穫者直販「長野松茸販売」

おおよそのひととなりでございます

顧みますと

「おいしかった」

「喜ばれた(贈答先)」

「松茸本位 いいね」

(簡素な梱包で飾り気がないからかも・・・)

お客様がおかけくださった

お言葉を励みに

11シーズン過ぎました

今後とも

8ビート(エイトビート)でございます

何卒宜しくお願い申し上げます








追記

国産松茸に求められる香り
受け取られて開箱一番良い香り・・・
その様なご期待に反して 
? ん・・・
香りが遠いと感じられる事もございます
この香り匂いの芳香微香 強弱だけは
私には なすすべはございません
保冷状態から徐々に松茸の温度が戻る事や
加熱調理で香りが漂う事もございます
また
煮込む・炊き込む・揚げる・焼く過程で
松茸独特の旨味甘味は増してくれます
しかしながら
購入して下さいましたお客様が
感じられた事が全てとなります
風味が遠い場合その様な時には 
お詫び申し上げる次第でございます