2022年1月17日月曜日

竜東 竜西

どなた様も

コロナ・津波等から

ご無事に通れますようにお祈り申し上げます


コロナにつきましては ここ信州も例外無く

感染対策の徹底が呼びかけられております

そのような最中

竜東から竜西を

竜西から竜東を

風景を楽しませていただいておりました

画像の向きは異なりますが

ほぼ

対象地

ほぼ

同標高から写してございます

南信州盆地の中ほどを

一級河川天竜川が流れ

天竜川の東側を竜東(りゅうとう・りゅうとお)

天竜川の西側を竜西(りゅうさい)

そのようにも呼びます

南信州地域全域に松茸・天然きのこは発生してくれますが
その中でも
竜東方面の山の中には
国産トップクラスの天然きのこ発生山がございます
ただ
近年 松茸以外の雑きのこと呼ばれ
きのこ狩りの人気茸類の発生が少ない傾向に
菌世界の変化を目の当たりに感じておりますので
出会えることが出来るだけでありがたいです

2022年1月5日水曜日

エンヤコラ

ここの現場

開拓7年目に入りました


開拓記念にと
プレゼントして頂いた
鉈とのこぎりから始まり
そして
アイテム
STIHLが加わり
伐採も進むにつれて
思っていたより広いなと感じていた頃です
車の進入道路を付ける為と
伐採木の抜根と
整地にとユンボ投入して
一気に様変わりしました
プロのオペレーターの
技術の高さに感心しきりでした
本職は違いますね
整地後
とりあえず
何かを植えてた頃の画像です
左奥の抜根横のコンパネの囲いは
腐葉土つくりの木葉集積場
この現場付近は広葉樹林も多く
落ち葉も豊富です
ここに初めに作ったのは
落ち葉集積場でした
この頃になると
少しずつ資材も増えていたので
シート養生だけでは いかがなものかと
一坪位の物置を作ったとです
このころは
たしか
コンパネ枚/1,000円くらい
ツーバイフォー材も安価でしたが
今日日は
部材によっては倍近くになっている感で
今年は休憩所作りも予定してますが
予算が・・・・・

こうして顧みたら
開拓(開墾)から7年 進化はあるような
当初予定の山菜農園は山菜師匠に
農産物の栽培は 農業の師匠
高知の
ひろちゃん農園のひろちゃん見習います

尊敬する師匠に巡り合えたのだから
エンヤコラとです